瀕死のワニを助けて仲良しに、体長5メートルの“相棒”と戯れる男性。

q1q1
画像:http://www.narinari.com/

この男性は“ターザン・チト”の愛称で親しまれている漁師で、53歳のチトさん。彼が現在、多くの見物客を前に一緒にパフォーマンスを行っている体長約5メートル、体重約450キロの相棒“ポチョ”と出会ったのは20年以上前のことだった。同国東部を流れるパリスミナ川へ友人とボートを出した際、途中で銃で左目を打たれ、瀕死の状態で岸辺に横たわるアメリカンクロコダイルを発見。するとチトさんは、友人に手伝ってもらってボートにワニを乗せ、そのまま自宅へ連れ帰り看病を始めたという。

以前コスタリカ紙チコ・タイムズが行った取材に、「すべての人間が悪いわけじゃない」と分かって欲しくて、看病する気持ちになったと話しているチトさん。彼は連れて来て半年の間、ずっと献身的に世話を行ったそうで、看病の甲斐あって“ポチョ”は元気を取り戻した。やせ細っていた体も生気が蘇ると、チトさんは自宅近くの湖に放とうとしたという。ところがチトさんが家に帰ろうとすると、“ポチョ”も湖から出て彼の後を追いかけてきたといい、これを見て「ワニも柔順になりえる」と確信したそうだ。

いつしかこの話は広がるようになり、仲睦まじい様子を見ようと彼らのもとに観光客も訪れるようになった。そこで2005年から、チトさんは客の前で“ポチョ”と水中で戯れるパフォーマンスを始め、YouTubeにもその様子を収めた複数の動画が投稿されている(「amzing crocodile friend」http://www.youtube.com/watch?v=cYb3V1A87C4 など)。ターザンを思わせる腰巻をしたチトさんが勢いよく水に飛び込むと、湖の中ほどに現れた彼の側にはいつの間にか“ポチョ”の姿も。大勢の見物客が柵越しに見守る中、チトさんは“ポチョ”の前脚を掴まえて抱きかかえるような態勢に持ち込むと、“ポチョ”も楽しそうに体を大きく動かし、水面を大きく叩いている。


出典:http://www.narinari.com/

この記事が気に入ったら
いいね! してね♪

Twitter で